めがね工房 ノエル Blog

ノエル新着情報
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ドイツの銘品flair(フレアー)入荷♪

 

1946年、創業者のオイゲン・ベック氏は、広大な森の広がる

ドイツ・ヴェストフェリア地方にプラスチック工場を設立。

同工場で同時にメガネの製造を始めた。

1960年代に入ると、息子のライナー・ベック氏の尽力により

“フレアー”ブランドは確立。

オリジナリティーに溢れるメガネを数多く発表し、

以来、フレアーは半世紀以上にわたり、

ファッションリムレスフレームのパイオニアとして

世界中に多くのファンを獲得しています。

 

 

PURE(ピュア)入荷しました

 

 

フレアーの代表的なアイウェアコレクション“PURE”は、

インプラントなどの医療分野で開発された特殊なステンレス合金

“バイオスティール”を素材とする。

ノンアレルギー物質である“バイオスティール“は、

抜群の形状安定性と対腐食性、加えてチタンの

約2倍もの弾力性を有し、何より軽量性に優れ、

フレーム重量約2.4gという驚異的な軽さを実現している。

レンズの固定には、専用に開発された特殊なナイロン糸を

用いるため、ネジ類が視界に入らず、広く快適な視野の

確保を可能にする。素材の安定性により、

フレームの最細部は0.8mmの細さにまで加工され、

透明感のあるスタイリッシュな軽さの印象を強調します。 

Flair フレアー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ノーベル賞の山中教授の眼鏡♪

 山中伸弥教授、ノーベル医学生理学賞の受賞おめでとうございます

めがね工房ノエルのお客様より「山中教授のかけていらっしゃる眼鏡は

どこのですか?調べてみて~」と言う宿題が

判明しました! ドイツのメーカー「Flair フレアー」


1946年、創業者のオイゲン・ベック氏は、広大な森の広がる
ドイツ・ヴェストフェリア地方にプラスチック工場を設立。
同工場で同時にメガネの製造を始め た。1960年代に入ると、
息子のライナー・ベック氏の尽力により“フレアー”ブランドは確立。
オリジナリティーに溢れるメガネを数多く発表、フ レアーは
半世紀以上にわたり、ファッションリムレスフレームの
パイオニアとして世界中に多くのファンを獲得している。
めがね工房ノエルでも隠れた人気を気品溢れる眼鏡です。

 

 
 Flair 461 col.421 52□18 チタンと樹脂テンプルコンビ

万能細胞と呼ばれる人工多能性幹iPS細胞を開発した山中教授が

選んだ眼鏡!名付けて「iPS眼鏡」(当店が勝手に命名しました)

貴方もノーベル賞級の気分に浸っては? 1本のみ在庫ございます。

※10月12日追記
1本だけ残っていたFlair 461 Col.421はおかげさまで、本日完売いたしました。

 
Flair フレアー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |